銀行からお金を借りるには

さまざまな事情で、借金をせねばならない事態に陥ることは、誰にでもあるでしょう。お金を借りるには、担保や保証人が必要になることもあれば、勤務先や職種、収入、勤続年数など、事細かな条件を設定していることもあります。仲でも、銀行からお金を借りるには、消費者金融などよりもはるかに厳しい審査があると思っている人もいるかもしれません。
確かに、銀行系と消費者金融では、審査の際に利用する信用情報の詳細さが異なる、銀行系のほうが厳しいといわれています。けれど、必ずしも担保や保証人、勤続年数を考慮されるわけではないのです。たとえば、使用用途を問わないカードローンの少額の小口融資であれば、パートやアルバイト、派遣のほか、無職の専業主婦でも融資を受けられることがあります。銀行からお金を借りるには、銀行に出向き担当者と話をしなければ…と思っているかもしれませんが、実際にはそんな必要はなく、ネットやフリーダイヤルで簡単に申し込みが可能です。
また、専業主婦がお金を借りるには、貸金業法の総量規制対象外である銀行のみしか利用できないのも注目すべき点だといえるでしょう。逆に、対象となっている消費者金融では借りることができません。勤務先の在籍確認が取れるか、配偶者に収入があれば可能ということになります。
ですので、どこも貸してくれないからと闇金に走ったりせず、まずは普段から取引している銀行に問いあわせてみるとよいでしょう。
【お金を借りる方法】知っておくだけでもメリット大!はこちら